La Touche Française(ラ トゥッシュ フランセーズ)はフランス北西部のブルターニュ地方で作られています

 

今では進化したハイテク素材が沢山使われ、大変便利な時代となりましたが、はるか昔は、ウールを使ったニットで寒さを凌ぐ手法が、「当時の最先端」でした。

 

冷たい海風の大西洋上を主漁場とする漁師さんや、18世紀頃から船で活発に玉ねぎやニンニク行商を行っていたブルトン(ブルターニュ地方の人たちの愛称)商人にとって、この海風を凌ぐことは大変重要な課題でした。そして防寒の為に工夫に工夫を重ねて生まれたニットこそが、現代の私たちが「マリンニット」と呼ぶニットです。

 

玉ねぎやニンニクの行商を行っていた人たちをフランス語では、「Marchand d'ail(マルシャン ダイユ)」といいますが、直訳では「ニンニク商人」の意味です。

フランス語では「商品」のことを「Marchandises(マルシャンディーズ)」といいますが、この単語はこのニンニク商人が語源となっている説が有力なくらい、とても重要な役割を果たしていた人たちでした。そしてこのニンニク商人の「マルシャン ダイユ」が時と共にだんだんと端折られた発音になったのが、「Chandail(シャンダイユ)」という説が最有力です。

 

現代でも、通称で「Chandail Marin(シャンダイユ・マラン)」と呼ばれ、全てのマリンニットの原型となったこのニットは世界中で愛されております。

 

今ほど科学が進んでいなかった時代(18世紀以降)の防寒着として、シャンダイユ マランのニットはその高い保温性・防風性といった機能面が重宝されてきました。当時のハイテク商品が現在では、ローテクな商品になってしまっているわけですが(笑)、少し目線を変えるとこのような高密度のガッシリとしたセーターは、様々な機能性と利便性を兼ね備えております。

 

① ウール100%なので熱が内