15世紀から始まったという、フレンチ・エスパドリーユの生産。
その中でもバスク地方、モレオン・リシャール製はフレンチ・エスパの伝統を受け継いでいる大変稀少なエスパドリーユです。

機械化された近代エスパとはいえ、90年以上前の機械をメンテナンスしながら大事に使い続け、一時は5,000人以上はいたというこの地の伝統産業を、僅か数十名で守り続けております。

昨今、靴を目指す製品が多いエスパドリーユ市場ですが、アートオブスールのエスパドリーユは古式ゆかしきレトロな味わいを思い起こしてくれます。

 

この製品は、「フレンチ・タッチ」と命名されました。

古式ゆかしきベーシックなデザインがベースとなっておりますが、トリコロールのパイピングを施しているのが特徴です。

デザインだけでなく、かかとのグリップ感が抜群に上がるこのパイピング。

 

ゆったりとですが、独自の進化を今なお継続しているフレンチ・エスパ。


サイズにもよりますが重さは両足300グラム前後で軽く、薄いソールの反り返りの良さも大きな特徴のひとつです。

旅行のお供に抜群のパフォーマンス。飛行機やホテルで大活躍。
スポーツの後に、足を休めたい時のリラックスに最適。
ちょっとコンビニへ行くなどにも便利なエスパ。

などなど、使い方はさまざまで、大変便利なワンマイル・フットウェアです。
ソールのジュートが素足に触れる感覚はサラサラ。


現地では室内履きとしても重宝されています。

古くからフランスの生活に根付いているエスパドリーユを、21世紀に生きる皆さまに是非体感していただきたいです。

 


【素材】
アッパー : コットン
インソール: ジュート
靴底面  : ラバー

【原産国】フランス

【AOSB211】FRENCH TOUCH MARRON

¥7,800価格
カラー: マロン(ブラウン)