不規則なボーダーが、波のうねりを絶妙に表現しています。

 

「人生は山あり谷あり」という言葉がありますが、このボーダーにはその格言的な思いも込められています。悪いこともあれば、良いこともある。どっちかだけではない、人生はゆらゆらと揺れる波のようなものだ、そんな思いが込められています。

 

バスク地方の沿岸部は、「ビスケー湾」という、大きな湾でくぼんだ形になっているのですが、湾といっても北はブルターニュ地方、南はイベリア半島北端部というm、直径1000キロ以上もの大きな湾です。

 

ほぼ、外洋と言っても過言ではないと思いますが、両脇を固められた壮大な湾の波は、普段はゆらゆらとゆったりとした時間を演出してくれるキャンバスになっています。

ゲタリーやビアリッツ、オセゴーといった代表的なリアス式海岸の狭間に、サーフィンのメッカともいえる良質な波を得られる地域がありますが、全般的には、ゆらゆら、ゆらゆらとした感じです。

 

そんな絶妙な空気感、ユル感を演出しているこのパーカー、着ているだけで絶妙な男のロマン感を演出してくれる、そんな秀逸感たっぷりのパーカーです。

 

男の哀愁と、ロマンと、そして人生観を一つのキャンバスで表現している、何とも濃い~逸品ですがオーガニックコットンで仕上げているのもミソです。

 

 

ESPERANZA BSK5023

¥16,000価格
カラー: ライトブルー