Série d'artistes invités

コラボレーション・アーティスト

DANIEL HEYDECKE

DANIEL HEYDECKE

GRACE GARCIA SALCEDO

GRACE GARCIA SALCEDO

DANIELA GARRETON

DANIELA GARRETON

LE DUO KANARDO

LE DUO KANARDO

KYLER MARTZ

KYLER MARTZ

NANCY FOUTS

NANCY FOUTS

ERWIN SOYER

ERWIN SOYER

バスクインザサンでは毎シーズン、様々なアーティストとコラボレーションしています。

​ビジュアルアーティスト、フォトグラファー、イラストレーターやタトゥーの彫士など、多種多様な分野で活躍している方たちが、私たちのシンプルなリアルクローズに息吹を吹き込んでくれています。

 

​ 4000kmも続く海岸のあるチリのサンティアゴで生まれ、2010年にスペイン・バスクの美食の街サン・セバスチャンに拠点を移し活動しています。

 彼女は海をこよなく愛し、海からインスピレーションを受けた作品を多く手掛けています。

 幼少期から海辺で何時間も貝殻を集めたり、泳いだり、おじいさんの小さな船に乗って釣りをしたり・・・。

​ 

 彼女の思い出の場面はいつも海だったそうです。アートもまた彼女にとってなじみ深いものでした。デザイナーの両親のもとに生まれ、画材に囲まれた生活は彼女の人生そのものであり、作品の特徴でもある独創性はこうして培われたものなのです。​​

Daniela Garreton

ダニエラ ガレトン

~ ミステリアス、情熱、そしてノスタルジック ~

​ 自身の作品たちを3語で表現するなら?」という質問に彼女は「ミステリアス、情熱、そしてノスタルジック」と答えました。

 

 一見関連性の無い3つのキーワードを引っさげながら、現在彼女はヨーロッパのサーフ文化の中で新しい風を巻き起こしている一人でもあり、サーフボードにステッカーを張る代わりに直接イラストを描くことでこの独特の世界観を魅せる彼女のオリジナリティの高さやクリエーション性は現地でも注目されています。

 

 日本とはあまりつながりがなさそうな彼女ですが、実は憧れのアーティストは、2009年に「世界が尊敬する日本人100」に選ばれたイラストレーターの清水裕子さんだそうです。

「描くことが可能か限りずっと描き続けることで、私の作品を通して多くの人と意思疎通が出来ればそれ以上の幸せはありません。」

​ どこまでもまっすぐに、芸術と向き合う彼女の強さと人柄も作品に表れており、知れば知るほど好きになる、そんなアーティストがダニエラ・ガレトンです。

 

Duo Kanardo

デュオ・カナルド

​ バスクインザサンの創業当初より、毎シーズン手書きのメッセージデザインを手掛けている二人組のアーティスト、デュオ・カナルド。

 

 彼らはフォトグラファーとグラフィックデザイナーの二人組で活動するアーティストで、バスクインザサンと同じくフレンチバスクのゲタリーを拠点にしています。

 彼らバスク人にとって、「人生=海」であるということを、彼らが得意としている文字り表現で見事に表しています。

 瞬間的に完売となった「à la vie à la mer(人生は海と共に歩み)」はまさに彼らの代表作ともいえます。

 

 シンプルで深みのあるメッセージが、バスクインザサンのシンプルなリアルクローズとの相性は抜群で、常に新鮮な息吹を吹き込んでくれる、重要なパートナーです。
 

 

Kyler Martz

カイラー マーツ

​ アメリカはシアトルを拠点に活動するイラストレーターでもあり、タトゥーの彫師でもあるカイラー・マーツ。

 彼は1930年代の海の伝統的なスタイルからインスピレーションを受けた作品を数多く生み出しています。その軸から派生した彼のインスピレーションは多様な想像力で、強いインパクトのあるデザインに変貌します。

​ 壁でも、スケートボードでも、キャンバスでも、それこそ二頭筋でも!、、、どこでも描けるところを見つけたら、頭の中に浮かんだものを全て描きたい、という積極的な姿勢で、作品と向かい合っています。

 

Grace Garcia Salcedo 

グレース ガルシア サルセド

 スペイン、バロセロナに住むイラストレーター。

 バイクへの情熱に溢れ、 “ガールズ オン ホイールズ ” マガジン(※女性向けにバイク、ロングボード、スケート、旅行、デザイン、ライフスタイルなどを提案する雑誌)の編集者でもある。

バスク イン ザ サンのために作られたこのイラストは、オーストラリアの雑誌 “ノー キュア ”(※ストリートアート、デザイン、音楽などの若者向けのインディーズカルチャー雑誌)にも掲載されています。

 

Erwin Soyer 

アーウィン ソワイエ

 フランス・モンペリエ在住のイラストレーターErwin Soyerが創り出す作品はインパクト大です。左のプリントをご覧ください。破かれたページの先には、バカンスリゾートが待ってます!

 

 しかし、この作品が示すものとは・・・?

 規則性をもって並んだ数字は一体・・・?

 

 と、よく見ると、表に書かれた文字はsin(サイン)、cos(コサイン)、tan(タンジェント)!!

 そうなのです、懐かしの三角関数です。それを大胆に破りバカンス(天国をイメージした無人島)へといざなうのはフランス人らしいアイデアで、爽快感すら感じます。

 

Nancy Fouts 

ナンシー フーツ

 イギリス在住のアメリカ人アーティストです。

 1960年代に彼女は革新的なグラフィックデザインのアトリエを設立し、ロンドンにあるテート・モダン国立近現代美術館の広告制作を中心として、一方ではイングランド出身のロックバンド、ジェスロ・タルのポケットアルバムの制作を行ってきました。

 近年彼女は超現実主義作品の制作に時間をささげており、日常生活の中にある普通のモノと動物のはく製を題材に取り上げてます。

 基本的には自然と、時間と、古代ギリシャ・ローマ美術における宗教的な肖像研究をテーマとして掲げています。

​彼女の作品は現在、ロンドンのヴィクトリア・アルバート博物館をはじめとして世界中あらゆる場所で公開されております。

 

Daniel Heydecke 

ダニエル ヘイデック

 フォトグラフを専門としているドイツ人フォトグラファーのDaniel Heydeckeは今シーズン、アートを表現した作品でバスクインザサンのコラボレーション企画に参加しています。

 

 ハンブルグにある大きな公園、プランテン・ウン・ブローメン公園を散歩していたとき、彼はそこにあったあるものに釘付けになったと言います。

 

 それは、建築家Steffan Robelがデザイン設計をした「わざと曲げられたデザインのフェンス」でした。彼はその作品からインスピレーションを受け、アートな波を描いた今回の作品を完成させました。

 

 波の動きと海の深いブルーを平面で表した作品は、アーティスティックに波を伝えています。

  • Facebook
  • Instagram

~ あなたとともに歩み、あなたとともに成長したい ~

Copyright © 2012 Fly On inc. All Right Reserved.